厳選&比較

更年期障害を軽減させるイソフラボンの力

若いときは、ぴちぴちとした肌で、バストやウエストがしっかりとあって、女性らしい体をキープできていたのに、最近美しいボディをキープできなくなっていると感じている方、女性ホルモンのエストロゲンが減ってきているのかもしれません。

エストロゲンは、閉経を迎えて更年期に入った時期からだんだんと減少し始めます。
エストロゲンが減ることによって、ホルモンバランスが崩れるため、私たちの体にほてりや息切れなどが現れます。
更年期障害は、ほてりやのぼせなどの他に、皮膚の委縮や骨粗しょう症などがあります、更年期障害に悩まされる女性は多く、症状がひどくなると、生活をすることが困難になる場合もあります。

女性はいつかは閉経を迎えます。
その時に備えて何かできることはないのでしょうか?更年期障害を軽減させる方法の一つに、大豆イソフラボンを摂取することがあります。
大豆イソフラボンは、エストロゲンと同じような構造をしているため、不快な症状を和らげてくれるのです。
また、更年期になって、血圧やコレステロール値の異常に悩まされるという方も多くなるのですが、大豆イソフラボンを摂ることによって、それらが正常に戻ったという方もいらっしゃいます。

更年期を迎えてからではなく、今から大豆イソフラボンを定期的に摂取して、更年期障害をできるだけ軽くしたいですね。
大豆イソフラボンは、豆腐や味噌、大豆製品に多く含まれています。
食べ物から摂取できない日は、サプリメントで補うと良いでしょう。

トップに戻る