厳選&比較

プエラリアとイソフラボンはどう違う?

バストアップに効果のあるサプリメントとして非常に有名なものが大豆イソフラボンとプエラリアの二つです。
両者はどちらも女性ホルモンのエストロゲンに似た構造の植物性エストロゲンを豊富に含み、女性特有の症状、例えば更年期障害や生理不順、生理痛の緩和や改善、また美容効果について効力を発揮するものです。

どちらもサプリメント摂取によって期待できる効果が同じなので、いざバストアップのためにサプリメントを、と検討するときには結局どちらがいいの?何が違うの?と混乱してしまいがち。

両者の最も違う点は、ずばり、植物性エストロゲンの種類と含有量、作用の大きさの違いです。
大豆イソフラボンの植物性エストロゲンの含有量はプエラリアより少ないため、バストアップ効果を実感できるまでに根気よく続ける必要がありますが、その反面副作用のリスクが少なく、安全性が高いものです。
また、摂取量についても日本の国内基準も明確で、1日に75mgと明示されています。
安心して摂取できるのが大豆イソフラボンなのです。

対して、プエラリアが含む植物性エストロゲンは非常に強力な作用を持ち、その強さは大豆イソフラボンの40倍にも相当します。
そのため、バストアップの即効性があります。
しかしながら、原材料の生産もプエラリアを使った製品の製造もタイ国内に限定されているために、日本国内の安全基準がまだ完全には整備されていません。
その強すぎるエストロゲン作用によって副作用の事例もいくつか確認されています。
プエラリアについてはその効果は大豆イソフラボンと比較したときにハイリスクハイリターンであるということがいえるのです。

トップに戻る