厳選&比較

プエラリアとイソフラボンでは何が違う?

プエラリアとイソフラボンはそのどちらもバストアップ効果や更年期障害の改善といった共通の効果が期待できます。
それは両方ともイソフラボンを含んでいるからです。
イソフラボンはポリフェノールの一種で女性ホルモンの分泌を促して活性化してくれる作用を持ちます。
そのため、30代以降のエストロゲン分泌量が減少してくることによって起こる女性機能の衰えやバランスの崩れによる不快症状を緩和してくれたり、美容効果が期待できるものとされています。

ともに植物性エストロゲン成分がふくまれているのですが、より強力な植物性エストロゲンである「ミオエステロール」を含んでいるのがプエラリアです。
ミオエステロールはとても作用が強く、大豆のイソフラボンと比較すると高い効果が期待できる物質ですが、その反面で効果が高すぎることによって副作用のリスクも高いものです。
体内でエストロゲン分泌量が急激に増加することで乳がんや子宮筋腫の発症リスクが高まること、吐き気や頭痛、月経異常(月経周期の乱れや不正出血、生理痛)などが挙げられます。

イソフラボンはエストロゲン様作用はプエラリアに比べて穏やかで、その効果は劇的なものではないにしろ安全、低リスクにバストアップを実現できるものです。
安全に、気長にコツコツ続けること、穏やかな効果を望む人にはイソフラボンがおすすめです。

プエラリアには1日の摂取上限量の国内基準がはっきりしていないこと、その副作用リスクの高さから不安もありますが、確実で即効性のある効果を強く望む人には向いているバストアップサプリです。

トップに戻る