厳選&比較

大豆イソフラボンとエクオール

大豆イソフラボンが効率良く活用出来る様に身体の中で変化したものをエクオールと言います。
大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに近い事で女性に人気ですが、エクオールはよりエストロゲンに近いのです。

詳しく説明しますと大豆イソフラボンはほとんど糖と結合しています。
糖と結合していると体内で効率良く活用出来ないので、エクオール産生菌等の腸内細菌が糖の部分を離してアグリコンの状態にします。
このアグリコンの1つであるダイゼインの代謝するものがエクオールです。

エクオールはエストロゲンの作用を調整する働きをすると言われており、エクオールが少ないと更年期障害の症状が強く出やすいという話があります。
エクオールは更年期障害の軽減以外にもシワ、肥満、乳がん等のがん、骨粗鬆症等に有効で、その効果は大豆イソフラボン自体よりも高いと言われています。
女性だけでなく男性の更年期障害や前立腺肥大、前立腺がん、脱毛の予防にも有効と言われています。

エクオールに変化させる腸内細菌が少なかったり活発でない人は、エクオールを作る事が出来ません。
エクオールを増やす為には納豆や味噌等の大豆製品を摂取して大豆イソフラボンを身体に取り入れましょう。
腸内環境を整える事で腸内が強化されエクオール産生菌等の腸内細菌が改善されますので食物繊維を含む食品も摂取しましょう。
またエクオールのサプリメントも有効です。

トップに戻る