厳選&比較

イソフラボンを食事から摂取

大豆は日本人にとって昔から身近な食べ物であり、とても良いタンパク質が含まれていることから、からだに良い食品としても親しまれています。
中でも注目すべきイソフラボンの成分は、女性ホルモンと同じような働きをすることから、薄毛や更年期障害に悩む女性が積極的に摂りいれていきたい成分ですが、大豆製品といっても様々なものがありますがどんな食品からイソフラボンを摂取できるのでしょうか。

健康志向の人たちには親しまれている豆乳は、気軽にイソフラボンを摂取することができます。
豆乳は、水に浸してやわらかくした大豆をすりつぶして煮詰めたものであり、気軽に飲むことから料理でも使える便利な食品です。
豆乳の効果をより引き出すためには、朝食で温かくした豆乳を飲むようにすると良いといわれています。
温かいものを飲むとからだが温まり血流もよくなりますし、朝起きて腸が動きはじめたときに飲むことでダイエットや美容効果も高くなり栄養素をより吸収することができます。

大豆製品は豆乳ばかりではなく、豆腐や納豆も忘れてはいけません。
大豆製品は、一度にいっぱい食べたり飲んだりしたからといって効果があらわれるものではなく、毎日摂取していくことが大事になりますが、毎日食事でとりいれるのは時間がなかったりあきてしまうこともありますよね。
大豆製品を食べたり飲んだりすることができなかったときは、サプリメントで補うようにすると良いですよ。

トップに戻る