厳選&比較

大豆イソフラボンで乳がんを予防出来るのか?

日本では40代での発症率が高い乳がんですが、20代や30代で発症するケースも増加しています。
日本で乳がんが増加しているのは食生活が昔ながらの和食から離れていった事が要因ではないかと言われています。
そんな中、大豆イソフラボンが乳がんの発症率を下げるのではと期待されています。

アジア人を対象とした調査では大豆食品を多く摂った人と摂らなかった人を比較すると、大豆食品を多く摂った人の方が乳がんの発症率が少し低かったことが報告されており、日本人を対象とした調査でも大豆イソフラボンが乳がんの発症率を減らす可能性があるとの事です。
大豆イソフラボンは乳がんの治療薬と同じような構造をしていますので、乳がんの予防の効果が期待出来る成分と言えるでしょう。

また大豆イソフラボンと乳酸菌と合わせる事で相乗効果も期待出来るのではとも言われています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに良く似ていてエストロゲンは女性らしさを保つために必要な成分であると同時に乳がんの発症にも大きく関わっています。
ですから大豆イソフラボンを多く摂る事で乳がんの発症のリスクを上げるのではとも心配されています。
ですが普通の食事で摂る量であれば、乳がんの発症率は上がる事はありません。

大豆イソフラボンは日本人に馴染み深い大豆食品に豊富に含まれていますので普段の食事に無理なく取り入れて乳がんの発症を予防していきましょう。

トップに戻る