厳選&比較

必見!イソフラボンとコラーゲンの大事な関係

納豆や豆乳などの大豆を使った食品に含まれている、イソフラボン。
女性の健康に効果があるということで、幅広い年代に人気の成分です。
ポリフェノールの一種で、女性ホルモンに似た働きをします。
女性ホルモンの減少によって引き起こされる更年期障害を軽減したり、肌をきれいにするなどの美容効果があります。
ハリのある肌は女性なら誰もが憧れるもの。
そのメカニズムには、イソフラボンとコラーゲンの密接な関係があったのです。

女性ホルモンの一つ「エストロゲン」には、女性らしい体つきを作るという働きがあります。
40代後半ころから減少し、イライラや倦怠感、ほてりなどの症状を伴う更年期障害を引き起こします。
同じ年代に肌のコラーゲン量が減少し、しわやたるみなどが目立つようになります。

コラーゲンは皮膚の表面の組織で、豊富にあることでみずみずしく弾力のある肌を保ちます。
コラーゲンの組織は繊維状になっていて、繊維芽細胞という構成組織を活性化するのがエストロゲンなのです。
そのため、エストロゲンが減少する年代にお肌のツヤも失われてしまうのです。

加齢による女性ホルモンの減少は仕方ありませんが、イソフラボンで補うことができます。
イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、エストロゲンの代わりに皮膚のコラーゲンを活性化してくれます。
サプリメントや化粧品に、イソフラボンとコラーゲンの両方を配合したものがあるのはこういった効果を期待してのことなのです。
上手に取り入れて、美肌を目指しましょう。

トップに戻る