厳選&比較

気になるコレステロールにイソフラボン

大豆に多く含まれ、女性ならではの体調の悩みに効果が期待されるイソフラボン。
普段の食事のほか、サプリメントなどの形で手軽に摂ることができます。
イソフラボンはイライラやほてりなどの更年期障害の症状の緩和や美肌効果など実感しやすい効果のほかに、骨粗しょう症の予防や血中のコレステロール値の上昇を防ぐといった健康効果もあります。

コレステロールにもいろいろありますが中でも悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールは、血液中で増えすぎると動脈硬化を引き起こすことで問題視されています。
動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病気につながる恐れがあるのです。

一般的に40代前半くらいまでの女性は、男性よりもコレステロール値が低いことが多いです。
女性ホルモンの一つであるエストロゲンが、血液中の過剰なコレステロールを肝臓へ戻す手助けをしているからです。
40代後半以降になると更年期に差し掛かり、エストロゲンが減少するため女性の方がコレステロール値が高くなる傾向にあります。

イソフラボンはエストロゲンに似た働きをする、植物性エストロゲンです。
肝臓に働きかけて、悪玉コレステロールのもととなる物質の生成を抑制します。
血液中の余ったLDLコレステロールを処理するのを助ける働きもあります。
また、悪玉コレステロールの減少に役立つ、善玉コレステロールを増やす効果もあるのです。

抗酸化作用の高いポリフェノールの一種なので、悪玉コレステロールが酸化して血管に害をなすのを防ぐ効果もあります。
加齢とともにコレステロール値が気になり始めたら、イソフラボンを摂ることを検討してみてはいかがでしょうか。

トップに戻る