厳選&比較

イソフラボン摂取と乳がんの関係

日本女性の乳がんの発症率は、増加傾向で、その原因は食生活の欧米化ともいわれていますが、そもそも乳がんは女性ホルモンと密接に関係しており、女性ホルモンが盛んに分泌されすぎることで乳がんを発症することがわかっています。
さて、イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをすることで注目されている成分ですが、乳がん患者が摂取するのは好ましくなく避けるべきであるという見解が長い間、一般的でありました。
しかしながら、実は、イソフラボンを摂取したほうが、再発率や死亡率は低下するということが最近の研究により判明したのです。

しかし、エストロゲン依存性の乳がんの場合は、摂取を避けたほうが良いといえますので、摂取する場合には、十分に注意が必要です。

また、イソフラボンは、乳がんの発生率にも大きく関係していることが、研究により明らかになってきており、イソフラボンを多く摂取している人ほど、乳がんの発症率が少ないことが、わかってきたのです。
特に閉経後の女性においては、イソフラボン摂取と乳がんの発症率の関係は顕著であることは、閉経後の女性に乳がんの発症率が高いことに鑑みると、非常に注目すべき点です。

日本人は、味噌汁を飲む習慣があり、味噌は大豆製品ですので、イソフラボンが含まれておりますが、毎食飲むと、塩分の取りすぎになってしまいますので、こちらも注意が必要です。
塩分の取りすぎは、胃がんや高血圧の原因因子となりうりますので、豆腐や、納豆、大豆などからバランスよくイソフラボンを摂取できるように食事に加えるのが理想的でしょう。

トップに戻る