厳選&比較

40代50代の女性を応援!大豆イソフラボンを摂ろう

お肌のハリやつや、髪の毛の潤いなど、美容と健康を支えているのは女性ホルモンです。
10代や20代の若いうちはたくさん分泌されますが、加齢とともに減っていき、40代を過ぎると減少に加速がかかります。
するとホルモンのバランスが乱れていわゆる更年期障害と呼ばれる不調を感じるようになります。
この頃の女性ホルモンの減少は致し方ないことなのですが、それに似た成分を補給することで、症状を緩和させることが出来ます。

実は、日本の食卓によく並ぶ豆腐や納豆などの食べ物の中には、女性ホルモンであるエストロゲンのような作用を起こす大豆イソフラボンという成分が含まれています。
両者は化学構造式が良く似ていて、働きも近いものがあります。

更年期障害と言えば、のぼせやほてりといった、顔だけ暑くなる、汗が噴き出るという症状が代表的です。
これは、大豆イソフラボンを摂ることで自律神経が調うため、ホルモンの分泌を司る視床下部が正常に機能して改善させることが出来ます。
大豆イソフラボンは、血行を良くする働きもあります。
そのため、更年期障害にありがちな肩こりや便秘なども解消させることが出来ます。

体重の増加も予防出来ます。
エストロゲンは別名やせホルモンと言われていて、赤ちゃんをお腹に宿すために脂肪を小さくしようとする働きを持っています。
大豆イソフラボンは更年期障害を患っている女性の味方です。
40代や50代の女性は、ぜひ摂取してみてください。

トップに戻る