厳選&比較

プエラリアとイソフラボンは何が違う?

プエラリアとイソフラボン、そのどちらにも女性ホルモンの働きを助けてバストアップや美容、更年期のお悩み改善の効果があります。
女性には人気のサプリメントですね。
その両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

プエラリアもイソフラボンも同じように女性のキレイをサポートしてくれるサプリメントですが、効き方が異なります。
プエラリアには強力な作用を持つミロエステロールという成分が含まれています。
この成分は非常に強い作用を持っているので、バストアップ効果は抜群です。
しかし、ミロエステロールのその強い作用はホルモン療法に用いられる治療薬や、卵胞ホルモンと同等であり本来であれば非常に使い方には気を遣わなくてはならないものなのです。

プエラリアの副作用リスクとしては、ホルモンバランスが急激に変化するので体調不良が起こりやすいこと、強い植物性ホルモン物質によってがん細胞が刺激されること、結果としてがんの発症率が上昇してしまうことの2つがあげられます。
バストアップのためにがんリスクが上がるというのは好ましくないと考える人がほとんどでしょう。
プエラリアは効果は高いがリスクも高い、という特徴があります。

対して大豆イソフラボンはどうでしょうか。
大豆イソフラボンはその名のとおり大豆に含まれている成分で、日本人の食事の材料として昔から様々食材や調味料としてなじみがあります。
イソフラボンに含まれている植物性エストロゲン成分はごく微量であること、その効果が穏やかで副作用リスクはほぼないこと(考えられる副作用リスクはアレルギーです)、毎日の食事として継続して摂取しつづけることができる利点があります。

このように両者を比較すると、「ハイリスクハイリターンのプエラリア」と、「低リスクで安心して続けられるイソフラボン」というそれぞれの特徴があります。
そのどちらが良いかは人それぞれですから、自分のライフスタイルや考え方に合うサプリメントを選びましょう。

トップに戻る