厳選&比較

イソフラボンの摂りすぎにはご注意を

女性ホルモンのエストロゲンに似た成分から構成されているイソフラボンは美容、美肌、アンチエイジングに効くといわれていますが、女性ホルモンに酷似しているよく効くサプリだからこそ、摂取量の上限は守りたいものです。

そもそも大豆食品がよく使われる日本では、欧米ほどイソフラボンのサプリメントを必要としていないともいわれています。
そのため幼児や乳児には、あえてサプリメントでイソフラボンを補充しないことが食品安全委員会では推奨されています。
また、同委員会はイソフラボンの一日の摂取量を七十~七十五ミリグラムに設定しています。
豆乳や納豆を二百グラム程度食べればこの量は達成されますので、これにプラスしてサプリメントでイソフラボンを摂取する際は一日に三十ミリグラムまでにしたほうが良いということです。

なぜイソフラボンの摂りすぎは良くないかというと、あまりにもエストロゲンの成分に近いため、女性ホルモンの過剰分泌により体調に変化をもたらすことがあるからです。
ホルモンが多いということは女性の妊娠中、もしくは高温期の状態に近づくので、例えば生理の周期が乱れたり、乳腺が張って肩こりを引き起こすような場合があります。
生理の周期が乱れると排卵期が読めなくなるので、妊活している人にとっては弊害にもなります。

このようなことから、イソフラボンを意識的に摂るときは適切な時期に上限を意識しながら、食事量とのバランスを考え摂取量をコントロールしてください。
飲み方を間違えなければ、とても効果の高いサプリメントです。

トップに戻る