厳選&比較

イソフラボンとカルシウムの相乗効果

女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするイソフラボン。
継続的に摂取をするとエストロゲンの減少による更年期障害の緩和や改善、美容やアンチエイジングの効果があります。
このイソフラボンと一緒に摂ると相乗効果が期待できるのがカルシウムです。

エストロゲンには骨を丈夫にする働きがあり、体内のエストロゲンが減少すると骨密度が低下します。
骨密度が低下すると骨が弱くなり、骨折しやすい、骨粗鬆症の原因になってしまうのです。
イソフラボンとカルシウムを一緒に摂取すれば、女性ホルモンが増え、バストアップ等、女性らしい体作りや美肌効果に加え、骨を丈夫にする相乗効果が期待できます。
骨が丈夫になると正しい姿勢を保てますし、姿勢が良いと若々しく見えますよ。

イソフラボンとカルシウムを一緒に、そして手軽に摂取する方法でおすすめなのが、きなこ牛乳です。
きなこには大豆イソフラボンと大豆たんぱくが豊富で弾力と潤いのある美肌効果、髪にツヤやハリをもたらします。

作り方は牛乳200mlにきなこを大さじ一杯加えて混ぜるだけです。
内臓を冷やさないように、温めた牛乳で作りましょう。
牛乳のカロリーが気になる場合は、低脂肪乳でカロリーを抑えることができます。
きなこ牛乳を飲むと満腹感があるので、食事を抑えることができダイエット効果も期待できますね。
女性ホルモンが減少し、様々な不快な症状や骨が弱くなってしまう前に、イソフラボンとカルシウムを摂取し予防を心がけましょう。

トップに戻る