厳選&比較

加齢とイソフラボン

加齢に伴い、女性ホルモンの分泌が減少することが原因で、女性には様々なトラブルが起こり始めます。
ホットフラッシュ、倦怠感などつらい症状を伴う更年期障害、骨粗鬆症、脱毛などが挙げられますが、このような症状に有効だとされているのがイソフラボンです。

イソフラボンは、豆腐や、納豆、きな粉等に含まれているフラボノイドの一種ですが、私たちにとって、とても身近な食品に含まれていることもあり、毎日の生活に取り入れやすいのが嬉しい特徴ですね。
イソフラボンは、加齢とともに分泌量が減少し、不足がちになる女性ホルモンと同様の働きをしますので、女性特有の様々な症状に有効であると言えるのです。

また、以前から、加齢に伴い骨内部の骨梁という、骨の強度を保っている棒状の骨がやせ衰え、骨がスカスカ状態になってしまう骨粗鬆症も、問題となっていますが、この骨粗鬆症にもイソフラボンはとても有効なのです。
骨を丈夫に保つためには、カルシウムが必要不可欠ですが、実は、このカルシウムをいくら摂取しても、体内の女性ホルモンが不足している場合は、骨からカルシウムがどんどん溶けだしていってしますのです。
イソフラボンは、骨からカルシウムが溶けだすのを防ぎ、骨に十分なカルシウムを行き届かせることにより、健康で強度の強い骨を保ちます。

また、脱毛も、女性ホルモンの減少が非常に大きく影響しており。
イソフラボンを摂取することにより、脱毛の予防効果も期待できるといえます。

トップに戻る