厳選&比較

女性ホルモンとイソフラボンの関係

女性の美容や健康に大きく関わる女性ホルモン、不足すると良くないとか、乱れるとイライラするとか言いますよね。

そもそも女性ホルモンとは何なのでしょうか。
実は女性ホルモンという名のホルモンは無く、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二種類の総称を女性ホルモンと呼んでいるのです。
これらは女性の身体の中のさまざまな器官から分泌されて生理機能に作用しています。
二つのホルモンにはそれぞれの役割があります。
黄体ホルモンは妊娠後、妊娠を継続させるのに必要な身体の働きをサポートし、卵胞ホルモンは女性らしい身体つきや血行を良くし美肌を促進してくれたり、排卵や、受精後に着床しやすくするため子宮内膜を肥厚させたりという妊娠の準備に関わりがあるホルモンです。
エストロゲンという呼び方の方が親しみがあるかもしれません。

これらのホルモンは女性の健康と美容、妊娠、出産に深く関わるのですが、分泌される量は一生でティースプーン一杯程度とも言われています。
そんな微々たる量でも分泌量が乱れると不調を感じるのですから女性ホルモンの役割はすごいんですね。

卵胞ホルモンによく似た性質の食べ物といえばみなさんご存知の大豆食品です。
豆乳や納豆など大豆イソフラボンが女性に良いというのは以上のような理由からなのです。
卵胞ホルモンの不足による女性特有のトラブルは更年期障害や骨粗鬆症などさまざまあります。

イソフラボンを補うことで未然に防ぐことができますので、大豆食品やサプリメントで上手に摂取していきましょう。

トップに戻る