イソフラボンを摂取するときに気をつけること
厳選&比較

イソフラボンを摂取するときに気をつけること

イソフラボンを摂取する場合、摂取量には気をつけていかなければなりません。
過剰摂取になると、イソフラボンの栄養効果を体に取り入れられなくなってしまうのはもちろん、逆の作用を生み出してしまう可能性もあるのです。
イソフラボンは適量を守ってこそ健康を手に入れることができて、キレイを手に入れることができるのです。

イソフラボンを過剰摂取してしまうと、女性ならば生理不順になってしまう可能性があります。
生理不順になってしまうと、妊娠や出産にも影響を及ぼすので気をつけなければなりません。

イソフラボンを適量摂取することで、不妊治療ができると言われています。
適量摂取と過剰摂取では、全く逆の働きをしてしまうのです。

イソフラボンは女性ホルモンと似ている働きをするので植物性エストロゲンと呼ばれていますが、植物性エストロゲンが働いて乳癌予防や子宮がん予防にもなります。
世界的に見ても日本の女性は乳癌が少ないと言われていたのですが、それは日本食に含まれているイソフラボンが役立ってくれていたからなのです。
過剰摂取してしまうと、逆に乳癌や子宮がんを誘発してしまうことがあります。

植物性エストロゲンは使いようによって、こうにも効果が変わってくるのです。
それに気をつけながら、イソフラボン生活を送りましょう。

イソフラボンの理想量は50mg程度と言われていて、これは納豆1パック程度です。
これ以上食べてしまったからと言って、イソフラボンの過剰摂取にはなりません。
納豆を1日20パックも食べれば過剰な摂取になりますが、理想と言われている量より沢山食べてしまっても、大きな問題はないのです。
明らかに食べ過ぎている、摂取しすぎている、そのような状態が過剰摂取なので、自分で気づくことができるでしょう。

イソフラボンのサプリメントやイソフラボンドリンクは、1日でどれだけ摂取すれば良いかパッケージや説明書に掲載されています。
それを見て、メーカーが指定している適量を守るようにしましょう。

トップに戻る