エストロゲンとイソフラボン
厳選&比較

エストロゲンとイソフラボン

イソフラボンは植物性エストロゲンと呼ばれています。
なぜそのように呼ばれているのでしょうか。

そもそもエストロゲンとは何でしょうか。
エストロゲンとは、女性ホルモンです。
イソフラボンを体の中に取り入れることで女性ホルモンとそっくりの働きをするようになります。
そのため、イソフラボンの別名として植物性エストロゲンが言われるようになったのです。

イソフラボンが植物性エストロゲンとして体の中で働いてくれることにより、私たちは様々な健康効果を手に入れることができますし、美容効果を手に入れることができます。
毎日快適に健康的に過ごしたいならば、エストロゲンと同じ働きをしてくれるイソフラボンを体の中にたっぷり取り入れるようにしましょう。

イソフラボンはエストロゲンと似ている働きをするので、乳癌予防や子宮がん予防に繋がります。
最近では20代30代で乳癌になったり子宮がんになる女性が増えていて、深刻な問題となっています。
若いころからイソフラボンでがん予防すると、美肌効果や便秘改善効果も実感することができるので、美容にも効果的です。
若いころはなかなかがん予防しようという気持ちにならないのですから、美容目的でイソフラボンを摂取すると知らない間にがん予防できていて、強い体を作っていくことができるのではないでしょうか。

イソフラボンは女性ホルモンと似ている働きをするため、女性特有の病気に効果的だと考えられています。
乳がんや子宮がんもそうですし、更年期障害もそうです。
更年期障害はホルモンバランスが崩れてしまうため起きる病気で、周りからも理解されにくいためうつ病になりやすいです。
病院で治療しながら、イソフラボンでサポートしていきましょう。

女性ホルモンと似ている働きのイソフラボンは、男性にも役立ちます。
どのように男性に役立ってくれるかというと、育毛効果があると考えられているのです。
女性ホルモンと似ている働きをするイソフラボンを身体に取り入れることで、男性ホルモンを抑制することができて女性ホルモンを増やすことができます。
男性ホルモンが多いせいで脱毛してしまい、女性ホルモンが多いと脱毛予防になるのです。

トップに戻る