海外でも注目されているイソフラボン
厳選&比較

海外でも注目されているイソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしているので、乳癌予防に大変役立つと言われています。
世界的に見て日本は、乳癌の少ない国だと言われていたのですが、それはイソフラボンの影響が大きいのではないかと考えられるようになり、今では海外からもイソフラボンが注目されていますし、日本食が注目されています。
日本食はイソフラボンがたっぷり含まれていて、日本食を続けることにより自然と乳癌予防やその他女性特有の病気の予防になるのです。

食の欧米化が進んでいる今、日本でも乳癌になる若い女性が増えてきていますし、その他子宮がんや卵巣がんになる若い女性が沢山います。
今一度日本食を見直して、イソフラボン生活でがん予防していくことが大切ではないでしょうか。

イソフラボンは女性特有の病気を予防するだけではなく、あらゆるがん予防に効果的だと言われています。
というのも腸内環境を整えるので、腸内にある発癌性物質を少なくする事ができるのです。
これも海外から注目されている理由の一つで、イソフラボンでがん予防する欧米人が増えてきていると言うことです。

海外では、肥満がすごく多いです。
日本人と比べて明らかに太い人が沢山いて、それが生命を脅かしていることも多いです。
血中コレステロールが高く、海外は肥満が多くなっていると考えられています。

日本食はイソフラボンがたっぷりと含まれていて、コレステロール抑制に繋がると言われています。
だから日本人と欧米人は、比べると日本人の方が細く欧米人の方が太っているのです。
日本食はとても健康的な食べ物なのですから、意識して食べるようにしましょう。

女性ならば美肌効果に加わり、ダイエット効果もあるのですから注目しなければなりません。
食の欧米化で日本人もメタボリックシンドロームに悩まされる人が多くなってきていて、考えなければならない問題です。

イソフラボンは過剰摂取してしまうと逆効果になってしまう可能性もあるので、適量を守ることが大切です。
50mg程度が良いのではないかと言われていて、納豆ならば1パックです。
日本食で美味しく楽しく健康的に、日本人らしい生活を送りましょう。

トップに戻る