イソフラボンにも種類があるの?
厳選&比較

イソフラボンにも種類があるの?

イソフラボンは大豆にたっぷりと含まれています。
イソフラボンを食品の中で食べていきたいと考えているのであれば、大豆食品を中心に食べると良いでしょう。

大豆イソフラボンには種類があります。
大きく分けて二つあり、グリコシド型イソフラボンとアグリコン型イソフラボンです。
それぞれ、同じイソフラボンなのにどのように違うのでしょうか。

大豆に含まれているイソフラボンには2種類あり、グリコシド型イソフラボンとアグリコン型イソフラボンは働きが違うと考えられています。
同じイソフラボンなのにどのように違うかというと、体に吸収されやすいイソフラボンと体に吸収されにくいイソフラボンになります。

体に吸収されにくいグリコシド型イソフラボンは、吸収されずに腸内まで届くので、腸内の悪玉菌を軽減する効果があると考えられています。
腸内環境が悪いと、それだけで発癌性物質ができてしまいますし、あらゆる病気を誘発してしまいます。

体に吸収されやすいアグリコン型イソフラボンはその栄養をたっぷりと体に取り入れることができます。
ですので、イソフラボンの栄養をたっぷりと体に取り入れたいと考えるのであればアグリコン型イソフラボンを選んで、腸内環境を整えたいと考えているのであれば、グリコシド型イソフラボンを選ぶと良いのではないでしょうか。

イソフラボンをただ体に良いという理由だけで摂取するのではなく、自分の目的に合わせて選ぶようにしましょう。
そうすることでよりイソフラボンの効果を実感することができるはずです。

イソフラボンを効果的に体に取り入れたいならば、イソフラボンのサプリメントが良いのではないでしょうか。
食事の中でイソフラボンを摂取することも可能ですが、仕事が忙しいと夜遅く自宅に帰って料理できないようなことも出てきますし、つき合いで外食しなければならないことも増えるはずです。
イソフラボンサプリメントならば、毎日同じ量のイソフラボンを摂取することができますし、生活の乱れに適用するので毎日イソフラボン生活を送ることが可能です。

トップに戻る